【動くLINEスタンプを簡単に作ろう!】バウンドするキャラ編

大胆にバウンドするキャラクターアニメ

「アニメーションを描く。って難しそう」

「仮に描けたとしても、面白いアニメーションってプロにしか描けないよね…?」

と、思っていませんか。

私もそう思っていました。

LINEクリエイターがLINEアニメーション絵文字を販売できるようになった、2021年10月から勉強(?)を始めてみました。

愉快な動きのアニメ↑

アニメーションを描いたことがない、全くの初心者でもこんなアニメーションを描くことが出来ました。

ありがたいことに、多くの方に購入していただいております。

今回は「バウンドするキャラクター」の描き方を紹介します。

【意外と少ない?イラスト枚数♡】

このアニメーション、何枚のイラストで出来ているでしょうか。

↑ 20枚のイラストで出来ています。

「えー 20枚も描いてるの?ムリムリー!」と思うかもしれません。

でも、実際に描いたイラストは4枚のみ。

・反転

・逆再生

の2つの技法で、ループするアニメーションにしています。

4枚くらいなら…という軽い気持ちで描いてみましょう。

【伸縮するイラストの最初と最後の各1枚を描く】

伸縮するキャラクターの

・最も伸びたイラスト(上記の例では①のイラスト)

・最も縮んだイラスト(上記の例では⑤のイラスト)

を描きます。

伸縮の度合いが大きいほど面白いアニメーションになります。

「ちょっと大胆すぎるかな?」と思うくらいに伸縮させてみましょう。

【中間イラストを描く】

「中間イラストって3枚もあるじゃないの!」と思われるかもしれません。

私も「3枚も描くのはツライ…」と思いました。

少ないイラスト数で制作できる。

上下伸縮だけではなく、左右に揺れる表現も入れた方が面白いアニメーションになる

という2つの利点があるので、③のイラストを左右反転→④のイラスト。としました。

中間イラストの完成です。

【反転する】

①〜⑤のイラストを反転させたものを⑥〜⑩のイラストにします。

左側に伸びる → 縮む → 右側に伸びる

アニメーションの完成です。

【逆再生する】

①〜⑩のイラストを逆再生させます。

左→右→左→右→左… とループするアニメーションが完成しました。

【完成】

お絵描きアプリで描いたイラストを無料でアニメーションにする方法

お絵描きアプリで描いたイラストを無料でアニメーションにする方法も紹介しています。

イラスト①
イラスト②

イラスト③

イラスト⑤

①②③⑤の 4枚のイラストで作ったアニメーション

「反転」「逆再生」を利用して描いたアニメーション

イラスト4枚→「反転」「逆再生」することで、ループするアニメーションが完成しました。

【販売する】

LINEアニメーション絵文字

今回 紹介したアニメーションはLINEアニメーション絵文字として販売しています。

LINEスタンプの販売方法も紹介しています。

みなさんも気軽にイラストやアニメーションを作って販売してみましょう。