【C++】変数の宣言・代入・初期化

文法

宣言

c++言語では変数は【型名␣変数名;】と書きます。
␣はスペースの事です。

//int型(整数)
int i;
//float型(浮動小数点数)
float f;
//char型(文字型)
char c;

代入

変数にはそれぞれの型にあった値を代入する事が出来ます。
代入は【変数名 = 代入する値;】と書きます。

//宣言
int i;
float f;
char c;
//代入
i=0;
f=0.0f;
c='a';

初期化

変数に最初に代入する事を初期化と言います。
初期化は【型名␣変数名=代入する値;】と書くことで宣言と同時に行うことも出来ます。

//宣言
int i=0;
float f=0.0f;
char c='a';

変数の使い方

初期化された変数は、他の変数に代入することなどに使うことが出来ます。

//宣言
int data1=1;
int data2=2;
int i;
//計算
i=data1+data2;//1+2
i=i*i;//3*3
i=i+data2;//9+2

以上、【C++】変数の宣言、代入、初期化のご紹介でした。

プログラミングの記事一覧トップへ戻る

Birthday Color iphone icons