初心者向け入門! c++ 分岐処理

分岐処理って?

例えば自動販売機が投入金額が足りているなら購入できる、足りていないなら購入できない、といったように、処理を分岐させるものを言います。
c++では分岐処理はif文を使って記述されます。

if文の文法

if文は【if(){}】と書きます。【()】の間に書いた内容を条件式と呼び、分岐させたい条件を書きます
分岐処理で実行させたい処理は【{}】の間に書きます。
条件式の値が正の値であれば{}の間に書かれた処理は実行されます。

if (条件式) 
{
 条件式が正の値である時の処理
} else 
{
 条件式が正の値でない時の処理
}

例文

入力された値numが正の値であるかどうかで分岐するif文のサンプルプログラムです

#include<iostream>
int main()
{
	int num;
	std::cin >> num;//入力処理
	if (num)
	{
		std::cout << num << "は正の値" << std::endl;
	}
	else
	{
		std::cout << num << "は正の値ではない" << std::endl;
	}
	return 0;
}

演算子

変数が正の値であるかどうかだけではコードを書きにくいため、簡単に条件を書くために等価比較演算子というものを利用します。
演算子の左右にある値を比較して条件に当てはまるなら1を返します。1は正の値であるため、条件式に比較演算子を使うことで効率よくコードを書くことが出来ます。

名称構文
等価i==j
非等価i!=j
大なりi>j
小なりi<j
大なりイコールi>=j
小なりイコールi<=j
#include<iostream>
int main()
{
	int num;
	std::cin >> num;//入力処理
	if (num == 0)
	{
		std::cout << num << "は0" << std::endl;
	}
	if (num != 0)
	{
		std::cout << num << "は0ではない" << std::endl;
	}
	if (num > 0)
	{
		std::cout << num << "は0より大きい" << std::endl;
	}
	if (num < 0)
	{
		std::cout << num << "は0より小さい" << std::endl;
	}
	if (num >= 0)
	{
		std::cout << num << "は0以上" << std::endl;
	}
	if (num <= 0)
	{
		std::cout << num << "は0以下" << std::endl;
	}
	return 0;
}

Birthday Color iphone icons